毎日のきちんとしたシミ対策で透明素肌をめざしましょう!

2015年11月21日

シミを防ぐ紫外線ブロックの方法&日焼けしてしまった時の肌の手入れ

シミを防ぐ紫外線ブロックの方法&日焼けしてしまった時の肌の手入れ

シミを今以上に濃くしないためには日常生活の中で、紫外線対策をこまめに実行することが
とても大切です。

今回はシミを作る一番の原因である紫外線をブロックする方法を書いていきますね。

紫外線をブロックしましょう

日常生活の中で、さまざまな方向からやってくる紫外線をブロックしましょう。

紫外線ブロックする対策をまとめると以下のようになります。

◇服装

  ・長袖
  ・スカーフ
  ・日傘
  ・サングラス
◇肌

  ・日焼け止め
  ・ファンデーション
  ・UV効果のあるリップクリーム

◇日焼け後のケア

  ・冷やす
  ・保湿
  ・美白化粧品

◇食べ物

  ・抗酸化物質の豊富な食べ物・・・・色鮮やかな野菜や果物など

  ・ビタミンC、ビタミンA、ビタミンEの豊富な食べ物・・・・参照ページ

  ・ポリフェノールの豊富な食べ物・・・・参照ページ


◇日焼けをしてしまったら
・・・すぐに冷やして水分補給をしましょう


いくら日頃から紫外線対策をしていても、アウトドアでレジャーを楽しめば
日焼けが避けられないときもあります。

日焼け後、肌がピリピリしてきたら、できるだけ早く、濡らしたタオルで
冷やしましょう。
体が脱水状態になっているので、水分をたっぷりとることも大切です。

赤みがおさまったら、化粧水や乳液で保湿します。
美白効果のあるビタミンC誘導体を配合したものが良いでしょう。



◇シミができやすくなる食べ物はありますか?
⇒柑橘類や、パセリ、セロリ、などに含まれる
ソラレン」という物質は、紫外線に過敏に反応する性質があるため、
シミをできやすくするのだとか。

ソラレンを含む食品は美白作用をもつビタミンCがとれるかんきつ類などがあり、
夕食で摂るにはなんら問題ありませんが、

外出などで長時間、日に当たる前には食べないようにするのが良いでしょう。


ソラレンを含む食品:柑橘類、キウイ、セロリ、パセリ、きゅうり、春菊、三つ葉、人参など
ソラレンを含む食品は、なるべく朝を避けて、食べる時間を工夫すれば問題なく食べることができます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。