毎日のきちんとしたシミ対策で透明素肌をめざしましょう!

2015年09月23日

シミの原因と対策 その2)炎症からくるシミ

あなたのシミのタイプに合わせたシミ対策(その2)・・・炎症からくるシミについて

B ニキビ、やけど、かぶれなどの炎症からくるシミ

ニキビ、化粧かぶれなどの炎症が治った後、うす茶色のシミになって
しまったことって結構ありますよね。

このシミは「炎症性色素沈着」と言います。(または「炎症後色素沈着」とも言います。)
年齢・性別・部位に関係なくできます。

肌の炎症が起こった後メラニン色素の排出サイクルにも乱れが生じるので
紫外線を浴びると、色素沈着を起こしやすく直ぐにシミになってしまうので
注意しなくてはなりません。

炎症性色素沈着タイプのシミへの対策は?

炎症性色素沈着は通常は自然に消えていくものですが、
手当てをしないと消えるまでに数年かかってしまう場合のです。
また、
更に紫外線をたくさん浴びる機会があるとシミが濃くなってしまう可能性があるので
油断できません。

このタイプのシミにはハイドロキノンなどを配合した美白外用剤が十分効くので
早めに手当てをすることが大切です。

早めに対処すればするほど炎症性色素沈着のシミは早く薄くなります。

またビタミンCの内服も効果があります。

効果はすぐにはあらわれません。皮膚の細胞は通常28日周期で新しい細胞に生まれ変わり
ターンオーバー(新陳代謝)を繰り返していますから、肌の細胞が生まれ変わる
ターンオバーのサイクルを考え、1ヵ月は根気よくて続けてみてください。

→次は Cホルモンバランスが原因となるシミ(=肝斑)

→前は @紫外線からくるシミ 、A遺伝的なものからくるシミ(ソバカス)















posted by シミ対策のプロ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | シミの原因別対策(その2)炎症性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。